alt text

住まいの安全性

(有)古谷工務店は、お客様に『安心』『安全』な住まいが、
ご提供できるように、安全性を高める技術・手法を取り入れております。

住まいの構造改革推進協会 正規会員

住まいの構造改革推進協会は、阪神・淡路大震災を風化させてはならない!
を合言葉に工務店がお客様に「安心」「安全」な住まいを確実にご提供できることを目的にした推進協会です。

(有)古谷工務店は、『住まいの構造改革推進協会』の会員であると同時に、耐震技術認定者が存在しております。
 昭和56年以前に建てられた住宅は筋交い・構造用金物等の不足、基礎の強度不足で耐震性が低い住宅が多く存在します。
「昔ながらの太い柱と多くの通し柱、頑丈な筋交いが入っているから大丈夫」と思うのは大きな勘違いです。  平成7年の阪神淡路大震災では伝統ある建築物が多く倒壊しました。
その教訓から平成12年に建築基準法が改正され、構造用金物の強化(特に引き抜き対策)、 耐力壁量の配置バランスの数量化、地盤の強さに応じた基礎の規定が決められました。

(株)古谷工務店の耐震診断

「耐震技術認定者」=住宅の強度を調べる専門技術認定者。
NPO法人「住まいの構造改革推進協会」の厳しい認定試験に
合格した技術者が、住宅の耐震強度を調べ、
依頼があれば補強工事の見積もりを行います。
・耐震診断を必要とする自己診断10のチェックポイント  
 ●今住んでいる住宅は平成12年以前に建てられた。
 ●基礎にひび割れがある 外壁に黒ずみ、ひび割れがある。
 ●過去に雨漏れがあった。
 ●家のまわりの地盤に段差がある。
 ●最近シロアリを見た。また近所でシロアリ処理をしていた。
 ●室内のドアが勝手に開閉する。
 ●台風や弱い地震の時でもよく揺れる。
 ●室内の床が傾いている。
 ●室内の壁や浴室のタイルがひび割れている。
 ●壁の量が少ない(窓や開口部が多ければ要注意)
このような症状でご心配であれば、弊社にお問合せください。