施工事例

N邸・山陽小野田市

2012年8月~10月かけて、リフォームさせていただいた山陽小野田市・N邸のご紹介です。

台所、和室4畳半、洋室8畳を、広々としたひとつの空間にリフォームしました。
南側の太陽の光を奥まで取り込み、明るいお部屋になるように工夫しました。
強度的な問題を解決する為、大きな筋交と建具の裏の耐力壁で、純和風建築の重量のある二重屋根を支えています。また、小屋裏(天井裏)にも補強を加えています。

リビングとダイニングの間を、引戸にしたことにより大きな開口が実現しました。
【上写真左】引戸を「閉めた」状態
【上写真右】引戸を「開けた」状態

多くのお客様がある時にでも、広々とした空間で寛いでいただけます。
使用した床材は「チーク」のムク板です。

【上写真】
リビングからダイニングに向かってお部屋を見通したところです。
お客様のセンスが生かされ、アンティーク調のお部屋にぴったりな照明で、落ち着きのある雰囲気になりました。

システムキッチンに装備された収納はお部屋の高級家具となり、お部屋にマッチしています。

【上写真左】キッチンから見たダイニングとリビングをひとつにした間取り。
【上写真右】キッチンから見た引戸で仕切った間取り。

高級感あるオープン・システムキッチンは、お部屋の広さにゆとりがあるため、左右に動線が確保できました。

Panasonic(パナソニック)製の高級システムキッチン。

【上写真右】
大きな調理器具が3つ楽に置けて、天板とIHがフラットなのが特徴のシステムキッチンです。

【上写真左】
大きな三面鏡のドレッサーがある、洗面脱衣室。
【上写真中央】
浴槽はPanasonic(パナソニック)製の「美泡湯」がオプション装備されています。
広々とした開放感のある窓に、ルーバーを取付けて隣地からのプライバシー保護も兼ねています。
【上写真右】
トイレはPanasonic(パナソニック)製の「アラウーノ」です。
床材は「TOTO」のトイレ専用床を使用しています。

登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

F邸・山陽小野田市日の出

  • 施工時期は10月から翌2月です。
  • 広い土地に平屋建て、親子4人のマイホームです。
  • 外観はシンプルで、日当たりの良い南側にリビングをもってきました。
  • 南側のウッドデッキは子供が元気よく遊べるスペースとなります。
  • 裏のウッドデッキは炊事をしながらでも、子供の遊ぶ様子を見る事が出来ます。
  • 外壁(サイディング)の下地は、ニチハ耐力面材『あんしん』を使用しています。

  • 南向きのリビングは、床は無垢の桧(ヒノキ)で、腰板は「木曽ひのき」を使用。天井も自然の板を使用しています。
  • リビングの特徴としては「広く」「風通しがよく夏でも涼しい」「冬は日当りが良く木のぬくもりでさらに暖かい」。
  • リビングとつながった和室の用途は様々で、納戸としても利用でき、子供のおもちゃの収納スペース、多くのお客様にも対応できる拡張部屋となります。
  • また、和室の壁には全面収納があり、建具がある事により更に広く見えます。尚、この部屋の上は屋根裏収納スペースとなっております。

  • 間仕切可能な子供部屋です。
  • ロフトにする事によって広い空間が出来ました。
  • お部屋の中央部分に杉の厚板を縦に並べる事により(壁として)2部屋に別ける事が出来ます。杉の厚板とロフト用の階段は屋根裏に収納してあります。
  • 床と腰壁は温かみのある杉板を使用。天井も自然の板を使用しています。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

西田邸・山陽小野田市くし山

  • 施工時期は春から夏です。
  • 25坪のコンパクトな家です。
  • 和を基調にしたモダンなデザインです。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

F邸・山陽小野田市くし山

  • 2010年、夏から秋にかけての新築工事です。
  • 3枚目は、脱衣場の壁は漆喰施工、天井はスギ板張り。
  • 4枚目は、天井と壁に呼吸をさせる為の板張り。
  • 5枚目は、壁は漆喰、床はヒノキのムク板、腰壁は竹を使用。

  • リビングとキッチンの写真になります。
  • 広々としたスペースを確保しムク板をふんだんに使用しました。
  • 腰壁は木曽ヒノキを使用。
  • 3枚目写真:カウンター下を収納スペースにし、建具は木曽ヒノキを使用。
  • 床は肌触りを考えまて、無塗装のヒノキを使用。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

吉村邸・山陽小野田市日の出

  • 1・2枚目写真:バランスの良い建具が出来ました。
  • 3枚目写真:キッチン背面の造り付け収納です。厚い天板と建具はスギを使用。建具はハンガータイプにしました。スムースに動きます。
  • 4枚目写真:リフォーム前は天井が低く暗く狭い部屋でしたが、一部高くできる部分を最大限に活用して明るく広々としました。施工としては少し広げる事が大変でした。結果、リフォーム前と全く違う空間になりました。
  • 5枚目写真:床は大理石を使用。一部の床と腰壁は竹を使用。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

SA邸・山陽小野田市叶松

  • 2009年、春から夏にかけての新築工事です。
  • 1~2枚目は基礎工事においての配筋(鉄筋)の写真をご紹介しております。
  • 中央の写真は、基礎のコンクリート養生、並びコンクリート硬化期間。
  • 4枚目は棟上の施工状況です。
  • 5枚目は、柱・桁・筋交を多くの金物で接続しております。

  • 1枚目写真:壁に高性能断熱材(品名:カネライトフォーム)を使用しております。
  • 2枚目写真:ベランダのFRP防水を施工しています。
  • 3枚目写真:床下の給湯・給水(プッシュロック配管)の写真です。
  • 4枚目写真:外装の下地です。
  • 5枚目写真:SA邸の外観完成写真です。

  • 1枚目写真:リビングからキッチンを写しています。
  • 2枚目写真:リビング全体の写真です。
  • 3枚目写真:キッチンからリビングを写しています。
  • 4枚目写真:2階廊下の階段手摺り壁を有効利用して収納スペースを作りました。
  • 5枚目写真:収納(クローゼット)内部の写真です。お客様の意見・ご希望を取り入れて間仕切を施工しました。
  • リビングの床は、みずめ桜(素材)のムク板です。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

SH邸・山陽小野田市杣尻

  • 1枚目写真:基礎砕石の転圧状況です。
  • 2枚目写真:基礎工事においての配筋(鉄筋)の写真をご紹介しております。
  • 3枚目写真:ベタ基礎の生コン打設の写真で、基礎コンクリートの厚さは15cmです。
  • 4枚目写真:上棟式の写真です。
  • 5枚目写真:もちまきの写真です。

  • 1枚目写真:壁に高性能断熱材(品名:カネライトフォーム)を使用しております。
  • 2枚目写真:純和風の和室です。
  • 3枚目写真:完成時の外観写真です。
  • 4枚目写真:全室ペアガラスです。
  • 5枚目写真:屋根は珍しいドイツ屋根です。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

Y邸・光市和田町

  • 新婚夫妻のご依頼で室内の間取りをしっかりと取るために、外観はシンプルに仕上げました。
  • 2Fベランダは約4坪の広いスペースで雨が降ってもお洗濯の干し場にもなります。またフロアーはグラスファイバーを使用し、防水性・耐久性にも優れ、軽量なので地震対策にも繋がります。
  • 1Fのリビングは対面キッチンで、お客様の希望でカウンターとテーブル、飾り棚、キッチン内の食器棚等は全てフルオーダーで創作しております。

  • 1Fのリビングと和室の間にある3枚戸を収納すると、リビングと和室とキッチンが繋がり、21畳の空間になります。
  • (写真3枚目)2Fの洋室2間の間にある間仕切(材質:杉の無垢板)を開放すると14畳の一間になります。
  • (写真4枚目)クローゼットの中の壁は全て杉板を貼り湿気を吸収し、扉は無垢の杉板で、しかも引戸タイプで使いやすさを重視しました。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

K邸・山陽小野田市

  • リフォーム前は、屋内に光が入らずとても暗く、また冬はとても寒く広いスペースの割には使い勝手が良くありませんでした。
  • (写真1)の小さな窓を、(写真2)のランマ付の掃出しにリフォームしました。防寒対策としてペアガラスを使用。床には暖かい無垢の杉板を使用しています。
  • (写真3)リフォーム前は室内の壁が濃い茶系色を、(写真4)白い壁に変更して、室内がグッと明るくありました。
  • タイル部の壁と床が経年で2センチ程度下がっていたのを、補強・手直しました。
  • お客様の希望で対面キッチン、おしゃれなフードを付けました。

  • (写真1)キッチンとリビングを仕切っていた食器棚及び壁・柱を取除き、(写真2)補強をしてフルオープンにしました。キッチンの背面には便利な電子レンジや炊飯器、また下部にはゴミを収納できるオーダーメイドの棚を設置しました。
  • (写真3)大きな住まいなので、昼間でも中廊下が暗く、(写真4)明るくなったリビング・ダイニングの光がアクリル板を通し中廊下も明るくなりました。
  • (写真5)当初の計画によりリビング・ダイニングの暗さを解消する為に、屋根部にはガラス瓦を使用して太陽光を取り入れました。室内の天井部はアクリル板を使用しております。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:

N邸・山陽小野田市

  • リフォーム前は、天井が低く狭く感じられた間取りでした。しかしリフォーム後は、天井を高くして明るいダイニング・キッチン&リビングに変身しました!
  • 出窓部分を(写真左から3番目)フロアーに変更することによって(写真左から4番目)、室内を広くする事ができました。
  • リフォーム後は以下↓です。

  • 天井が高くとれなかった小屋組みの梁を見せる事によって天井を高くすることができ(写真左から4番目)、さらに天井を斜めに上らす事によって開放的な空間になりました。
  • 本来、建物などにより室内には殆どは光が入らず暗かった室内を、天井部に「ガラス瓦」(写真左から4番目)を入れて室内を明るくしました。
  • 天井は無垢の杉板を使用。床はひのきの無垢の板を使用しています。
  • 造り付けの吊りとだなと、カウンターは自社オリジナルで製作しております。
登録カテゴリー: 施工事例
Tags:
1 / 212