alt text

エアサイクルの家

(有)古谷工務店は「エアサイクルシステム」を導入した、「エアサイクルの家」を
お薦めしています。(有)古谷工務店は「エアサイクルの家」の登録工務店です。
「エアサイクルの家」は、空気の循環を考慮した「外張断熱工法」を用い、
夏は涼しく冬は暖かくと省エネルギーにも貢献した工法です。
電力を使わないので、地球にもやさしいエコライフが実現できます。

【夏昼】 集冷と放冷
日中は、屋根と壁のエアサイクル層の空気が温度上昇に
ともない上昇気流となります。
この力で熱い空気を小屋裏のエアオープナー(換気口)から
屋外に放出します。
床下の地熱に冷気を放出(放冷)するとともに,
床下エアオープナーから涼しい空気を
取り入れ循環させます。日射が強くなればなるほど対流は速さを増し、
積極的に小屋裏用エアオープナーから熱気を排出させます。

【夏夜】 集冷と蓄冷
夜間になると、小屋裏と床下の両方のエアオープナーから
涼しい外気を取り入れ、家全体を包み込みます。 
夜間に取り入れた冷気は、床下や建物にため込み、
昼間に温度が上昇すると蓄冷した熱を放出(放冷)します。

【冬昼】 集熱と蓄熱
冬期は小屋裏と床下のエアオープナーを閉じ、冷たい外気の侵入を防ぎます。
 日中、小屋裏や日射面で暖かい上昇気流が生まれると、
北側の日の当たらない部分のエアサイクル層に下降気流が発生します。
こうしてエアサイクル層全体に対流が生まれ、
暖かい空気が家全体を覆います。
日中の暖かさは、床下などに蓄えられます(蓄熱)。 
年間を通じて安定した温度のある地熱も積極的に
利用することになります。

【冬夜】 放熱と断熱
日が落ちて外気の温度が下がると、ACボードが断熱効果を発揮して、
内部で発生した熱を逃げにくくさせます。
昼の間に、間仕切り壁、天井、床下に蓄えた暖かさを
少しずつ放出(放熱)して住まいの温度が下がるのを防ぎます。

■詳しくは、『エアサイクルの家オフィシャルサイト』をご覧下さい。